特別天然記念物「小湊のハクチョウおよびその渡来地」

平内町の浅所海岸を基点とする夏泊半島一帯はハクチョウの渡来地として、文化財保護法により全国で唯一「特別天然記念物」に指定されています。この素晴らしい景観と眺望は後世に守り伝えていかなければならない貴重な自然環境です。

 

指定概要

1)名称 小湊のハクチョウおよびその渡来地
2)所在地 青森県東津軽郡平内町・青森市の一部
3)管理団体 平内町
4)指定区分 特別天然記念物
5)指定年月日 大正11年3月8日(1922年)天然記念物に指定される。
  昭和27年3月29日(1952年)特別天然記念物に指定される。
6)指定理由 世界的に珍しい群生地帯で、学術上極めて有益。また、交通や周囲の環境が他の渡来地よりはるかによい。

渡来地の状況  平成30年10月22日に飛来しました!

ハクチョウは毎年10月下旬にシベリアなどから渡来してきます。渡来してから雪で野山が埋もれてしまうまでの期間は、明け方になると周辺の水田へ餌となる 落穂などを探しに出かけます。そして夕方になると外敵から身を守りやすい海岸線に戻ってきます。雪が積もるまでは、浅所海岸周辺で白鳥を観察するのは難しいかもしれません。
※平成27年10月15日飛来、平成28年10月23日飛来、平成29年10月6日飛来

 
地域の方の目撃情報によると、10月中旬にはコハクチョウやオオハクチョウの群れが数百羽単位で飛来したようですが、そのほとんどは中継地として羽を休めるために立ち寄っただけで翌日には飛び立ったそうです。10月20日夕方に飛来し、22日早朝も引き続き留まっていた9羽を今シーズンの第1号としました。

ハクチョウの生態について詳しく知りたい方はこちら↓

 http://www.town.hiranai.aomori.jp/index.cfm/8,0,73,312,html

ハクチョウ検定

 

 ハクチョウのまちフォトコンテスト

 

 

 

 

 

 

「白鳥ガイド隊」わたしたちが渡来地をご案内いたします!

  ひらない!わくわく探検隊

 

ひらないの冬まつり ~白鳥と一緒にひらないの自然を満喫~

日 時 平成31年2月9日(土曜日)10:00~15:00
場 所 旧浅所小学校体育館
参 加 無料 定員100名様
地域の特色(タカラ)である白鳥は、冬の訪れとともに遥かシベリアからやってきます。この白鳥と一緒にひらないの冬を満喫してみませんか?

10:00 ・ハクチョウ検定合格証授与
・フォトコンテスト表彰式
10:30 シンポジウム
11:20 パネルディスカッション
12:30 休憩  
13:00 ・イグルーづくり体験
・スノーハイク体験
・雪のすべり台
14:00 白鳥○×クイズ

「ハクチョウのまち再生事業」は町の観光、産業、教育、環境などにも関連する大きな取り組みです。町全体の取り組みに発展させていくために最も重要なキーワードの一つは「人」。地域住民、学校、産業団体、行政など、まちづくりの多様な主体が白鳥を通じて楽しみながら交流し、情報共有する場を提供します。

平成29年度ハクチョウのまちシンポジウムはこちら ←
平成28年度ハクチョウのまちシンポジウムはこちら 
平成27年度ハクチョウのまちシンポジウムはこちら ←
平成26年度ハクチョウのまちシンポジウムはこちら ←

平内町白鳥を守る会の活動

 あなたも会員になって一緒に活動しませんか!

 活動内容を紹介しています。

 http://www.town.hiranai.aomori.jp/index.cfm/8,12061,73,html

   リンク集

インターネット自然研究所 ライブカメラ映像(浅所海岸)
浅所海岸のハクチョウ観察所前に設置されたカメラの画像(静止画)をご覧いただけます。
http://www.sizenken.biodic.go.jp/live/index.php

ハクチョウ等への餌付け自粛について(青森県自然保護課)
鳥インフルエンザの感染拡大防止の観点から野鳥への餌やり自粛をお願いしています。
餌をまくことで、そこに野鳥が密集し鳥同士の感染が広がるのを防ぐためです。
http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/nature/hakucho-ezuke.html


「ハクチョウのまち再生」に関する取り組みを紹介しています。
【公民館放送局】平成25年度公民館GP成果発表会「青森県平内町」
https://www.youtube.com/watch?v=xajVf6YSd-Q

【公民館放送局】平成26年度公民館GP成果発表会「青森県平内町」
https://www.youtube.com/watch?v=lkB4P5fLa2U