平成20年4月に「高齢者の医療の確保に関する法律」が改正、施行され、平内町国民健康保険では、生活習慣病の起因となるメタボリックシンドロームに着目した「特定健康診査・特定保健指導」を実施してきました。

 「特定健康診査」とは内臓脂肪型肥満に着目した検査項目での健康診査をいい、平内町国民健康保険では40歳から74歳の国保加入者の方を対象としています。

 「特定保健指導」とは特定健診の結果により、健康の保持に努める必要がある方に対して実施する情報提供・動機付け支援・積極的支援のことをいいます。

 内臓脂肪の蓄積が生活習慣病発症に大きく関与していることが、近年明らかになっていることから、運動や食事等の生活習慣の改善を促し、内臓脂肪を減少させることにより、糖尿病などの生活習慣病の予防を行うことができるという考えのもとで実施されてきました。

 平内町では、平成25年度から平成29年度までの第二期平内町国民健康保険特定健康診査等実施計画を策定し、引き続き特定健診・特定保健指導の実施率向上に努めます。

 実施計画の全文は下記のPDFファイルをご覧ください。

 第二期平内町特定健康診査等実施計画 [1736KB pdfファイル] 

 なお、町図書館においても実施計画を閲覧できます。 

生活ガイド