保険料は大切な財源です

介護保険の財源は、わたしたちの納める保険料と公費です。保険料を納めて、みんなで介護を支えましょう。

介護保険の財源
  • 財源
    保険料 50% 公費 50%
    65歳以上の保険料 40歳以上65歳未満の人の
    保険料
    町の負担金 県の負担金 国の負担金
    23% 27% 約12.5% 約12.5% 約25%
    +
    利用者の自己負担金

 

65歳以上の人(第1号被保険者)の保険料
  • 保険料の決まり方
    まず平内町の介護サービスの水準に応じて基準額が決まります。その上で、負担が重くなりすぎないよう所得段階に応じて調整されます。
  • 保険料の算定に関する基準(一人あたり年額) 基準額 月額 5,230円
所得区分 所得状況 基準月額保険料 5,230円
基準額に対する割合 年額
第1段階
  • 生活保護を受給している
  • 世帯全員が住民税非課税で前年のその他の合計所得金額と課税年金収入額の合計から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が80万円以下の方

基準月額×

0.45

28,242円
第2段階
  • 世帯全員が住民税非課税で前年のその他の合計所得金額と課税年金収入額の合計から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が80万円超120万円以下の方

基準月額×

0.75

47,070円
第3段階
  • 世帯全員が住民税非課税で前年のその他の合計所得金額と課税年金収入額の合計から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が120万円超の方

基準月額×

0.75

47,070円
第4段階
  • 住民税が課税されている世帯員はいるが、本人は住民税非課税で前年のその他の合計所得金額と課税年金収入額の合計から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が80万円以下の方

基準月額×

0.9

56,484円
第5段階
  • 住民税が課税されている世帯員はいるが、本人は住民税非課税で前年のその他の合計所得金額と課税年金収入額の合計から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が80万円超の方

基準月額×

1

62,760円
第6段階
  • 本人が住民税課税で前年の合計所得金額から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が120万円未満の方

基準月額×

1.2

75,312円
第7段階
  • 本人が住民税課税で前年の合計所得金額から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が120万円以上200万円未満の方

基準月額×

1.3

81,588円
第8段階
  • 本人が住民税課税で前年の合計所得金額から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が200万円以上300万円未満の方

基準月額×

1.5

94,140円
第9段階
  • 本人が住民税課税で前年の合計所得金額から分離譲渡所得に係る特別控除額を引いた額が300万円以上の方

基準月額×

1.7

106,692円

 

保険料の納め方

年金額によって、納め方は2種類に分かれています。

  • 特別徴収:年金年額18万円以上の人
    年金の定期支払い(年6回)の際に、介護保険料があらかじめ差し引かれます。老齢基礎年金・厚生年金などの老齢(退職)年金と、遺族年金、障害年金が特別徴収の対象となります。
  • 普通徴収:年金月額 18万円未満の人
    送付される納付書にもとづき、介護保険料を町に個別に納めます。
     
  • こんなときは普通徴収になります。
    老齢(退職)年金の年額が18万円以上の方でも、次に該当する方は個別に納めます。特別徴収に切り替わるのは半年から一年後になります。
    • 年度の途中で65歳(第1号被保険者)になったとき
    • 年度の途中で他の市町村から転入してきたとき
    • 年度の途中で保険料が減額になったとき
    • その年の4月1日の時点で年金を受けていなかったとき など
保険料納付は口座振替が便利です

 普通徴収の方は、納付書で保険料を納めていただく必要がありますが、口座振替手続きをすると自動的に口座から引き落としされるため、窓口へお越しいただく必要がなくなりますので、口座振替をお勧めいたします。

  • 口座振替可能な口座
    • 青森銀行とゆうちょ銀行はどこの支店の通帳でも口座振替可能です
    • それ以外の金融機関については、小湊支店の口座のみ口座振替可能です(青い森信用金庫は八重田支店のみ)
  • 引落日
    納付期限月の25日(休日の場合は翌営業日)
     
  • 口座振替の手続きの方法
    手続きの場所
    金融機関窓口(口座の届出印の照合が必要なため、役場窓口では手続きできませんのでご注意ください)
    ★手続きの際必要なもの
    ・振替口座の通帳
    ・通帳の届出印
    ・普通徴収の納付書(あればご持参ください)
    ・平内町町税等口座振替依頼書(町内の金融機関に用紙が備え付けられています)
     
  • 注意事項
    • 口座振替の開始については、別途通知します。口座振替を開始したい月の7日頃までにお手続きいただければ、その月の25日から口座振替が開始となります。
    • 納付期限の過ぎた保険料については口座振替ができませんので、納付書で納めていただくことになります。
    • 随1期、随2期の保険料は口座振替ができませんので、ご了承ください。
    • 特別徴収の要件に該当するようになった場合は、自動的に特別徴収に切り替わります(年金機構より通知はがきば届きます)。

 

 

生活ガイド