介護保険制度は40歳以上のみなさんが加入者です

65歳以上の人は『第1号被保険者』

介護サービスを利用できるのは介護や支援が必要であると認定された人
(どんな病気やケガがもとで介護が必要になったかは問われません)

40歳から64歳の医療保険に加入している人は『第2号被保険者』

介護サービスを利用できるのは老化が原因とされる病気(※特定疾病)により介護が必要であると認定された人(特定疾病以外、例えば交通事故などが原因で介護が必要になった場合は、介護保険の対象にはなりません)

  • 特定疾病とは・・・
    以下の16種が定められています。
    • 筋萎縮性側索硬化症
    • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
    • 後縦靭帯骨化症
    • 脳血管疾患
    • 骨折を伴う骨粗しょう症
    • 進行性核上性麻痺、大脳皮質気底核変性症及びパーキンソン病
    • 多系統萎縮症
    • 閉塞性動脈硬化症
    • 関節リウマチ
    • 初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症等)
    • 脊髄小脳変性症
    • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、脳梗塞等)
    • 脊柱管狭窄症
    • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
    • 早老症(ウェルナー症候群)
    • 末期がん
65歳になったら保険証が交付されます

65歳になった方(第1号被保険者)には、町から介護被保険者証(以下、保険証)が交付されます。保険証は、介護サービスを利用するために必要な情報が記載されるものです。大切に保管してください。

  • 保険証

    • 注意事項 
      • 保険証の番号を別に控えておきましょう。
      • 住所、氏名、生年月日などに誤りがないかを確認しましょう。
      • 裏面の注意事項をよく読みましょう。

     

 

保険証はこんなときに使います
  • 要介護認定を申請するとき
    申請書に添付して町の窓口(福祉介護課)に提出します。
     
  • 認定結果が通知されるとき
    認定された要介護状態区分や、サービスの利用限度額などが記載されて返送されます。
     
  • 介護サービス計画を作成するとき
    介護サービス計画の作成依頼を町の窓口(福祉介護課)に届け出ます。計画作成する事業者にも提示します。
     
  • 介護サービスを利用するとき
    サービス事業者に提示します。

※保険証は、65歳に到達した月に交付されます。

生活ガイド