BCG

結核はかつての病気ではありません。生後5ヶ月~8ヶ月に達するまでに接種しましょう。

結核の予防

結核は、かつては主要死因の1位を占めていた病気ですが、BCGの接種により死亡率は年々減少しています。しかし、現在でもまだ年間3万人以上の患者が出ており、大人から子どもへ感染することも少なくありません。また、結核に対する抵抗力はお母さんからもらうことができませんので、生まれたばかりの赤ちゃんもかかる心配があります。

接種後の注意したい点

BCG接種直後はよく乾くまで、接種部位をさわったり服を着せたりしないでください。接種後10日頃、接種部位に赤いポツポツができ、一部小さい膿ができることがあります。この反応は接種後4週間ごろに最も強くなりますが、その後はかさぶたができて接種後3ヶ月までに治り、小さな傷あとが残るだけとなります。これは異常反応ではなく、BCG接種により抵抗力(免疫)がついた証拠です。

副反応は?

ほとんどありません。まれに、わきの下のリンパ腺がはれることがあります。通常は放置して様子をみてかまいませんが、ときにただれたり、大変大きく腫れたり、まれに化膿して自然にやぶれて膿が出ることがありますので、その場合は医師に相談するようにしましょう。

接種後の反応が早く出た場合は?

お子さんが結核に罹っていた場合には、接種後10日以内に接種したところに反応が現れることがあります。これをコッホ現象といいます。通常は2~4週間後に反応はおさまります。コッホ現象と思われる反応がお子さんにみられた場合は、役場健康増進課または接種医療機関に相談してください。

ライフイベント

生活ガイド