定期接種と任意接種

予防接種には、定期接種・任意接種・臨時接種があります。それぞれ、ワクチンの種類、受ける年齢、期間などが決められています。

定期接種

予防接種を受ける・受けないの判断は保護者の判断にゆだねられます。ワクチンや副反応について正しく理解することが大切です。

  • 種類
    BCG・ポリオ・麻しん・風しん・日本脳炎・百日ぜき・ジフテリア・破傷風 ・Hib(ヒブ)感染症・小児の肺炎球菌感染症・ヒトパピローマ感染症 ・水痘
任意接種

希望することで受けられます。

  • 種類
    おたふくかぜ・インフルエンザ・B型肝炎 等
臨時接種

病気が流行するおそれがある場合に受けます。(現在は対象として想定されている病気はありません。)

生ワクチンと不活化ワクチン

生ワクチン

生きた病原体の毒性を弱めてつくったものです。病原体が体内で増殖するため、ときには軽くその感染症にかかったのと同じ症状が起きることがあります。

  • 種類
    麻しん・風しん・BCG・おたふくかぜ・水痘
     
  • 接種間隔
    27日以上あけると別の予防接種が受けられます。
不活化ワクチン

毒性の強い病原体を殺してつくったので、体内で抗原(病原体)が増えることはありません。

  • 種類
    四種混合・三種混合・二種混合・ジフテリア・破傷風・日本脳炎・インフルエンザ・B型肝炎・ポリオ・Hib(ヒブ)感染症・小児の肺炎球菌感染症・ヒトパピローマ感染症
     
  • 接種間隔
    6日以上あけると別な予防接種が受けられます。

 

ライフイベント

生活ガイド