火災が発生したら119番

小さくても火災を出したり発見したら、すぐに初期消火にあたるとともに、近所の人に大声で知らせることが大切です。そして、できるだけ早く消防署(119番)に通報してください。火災が大きくなったり、煙がふえてきたら、吸い込まないように濡れタオルで目や鼻をおおい、姿勢を低くして早めに逃げましょう。

まずは火を出さないことが一番です。

火の用心7つの心得

  1. 家の周囲には燃えやすいもの等置かない
  2. 風の強いときは、たき火をしない
  3. 電気機器など使用する場合、たこ足配線をしない
  4. てんぷらを揚げているときはその場を離れない
  5. 寝タバコやタバコの投げ捨てはしない
  6. 暖房器具のまわりには、燃えやすいものは近づけない
  7. お子様にはライター、マッチを持たせない

災害のときは、消防署の一般加入電話が大変混雑し、対応ができない場合もありますのでご了承願います。