第4回 ハクチョウのまちフォトコンテスト 審査結果

最優秀賞 こども大賞

タイトル:朝日を浴びて
コメント:浅所の白鳥には30年も通いましたが、この日みたいな白鳥の飛立ちはその日初めてである。この日は日の出も良く、日が昇るとともにこの場所に行ったらえさをもらえると思ったのか、一斉に飛立つ時の1枚です。

タイトル:かわいいハートがた
コメント:2羽のハートがたをまっていたけれどならなかったので、1羽がみずに顔を入れたところをとりました。
木村 清栄 (青森市) 三宅 香埜子 (青森市)

 

各審査部門の優秀作品

思わず笑っちゃうハクチョウ部門 フリー部門
タイトル:交通整理
コメント:撮影後の帰路、朝食に夢中の白鳥を発見。何か起きないか待っていたら羽を広げてくれた。

タイトル:威嚇
コメント:白鳥の羽ばたきには、愛情表現や威嚇行動などがあるそうですが、写真は追い散らしている様で威嚇しているようです。

鹿内 秀雄 (青森市) 山本 幸次 (青森市)

 

こども部門 町外にいるハクチョウ部門
タイトル:雨や鳥
コメント:白鳥を撮影した時にぐうぜんにカモメが傘のように入り込み、まるで、あまやどりしているような一枚だった。
タイトル:藍染
コメント:深い青空が、白鳥を、藍色に染めてくれました!(ノートレミングです。)
小形 怜央奈 (平内町) 太田 三郎 (滋賀県)

 

カメラ女子部門
タイトル:絆のテレマーク
コメント:夕方、浅所海岸に四羽そろって着水した。
村上 美枝子 (平内町)