平成30年4月から、県が国民健康保険の財政運営の責任主体となる新たな国民健康保険制度が開始され、少子高齢化などの社会情勢に対応し、安心して医療を受けられる医療制度の維持が今後ますます重要となります。制度維持のためには、国民健康保険税の負担の公平性を確保するとともに、保険税収納率の維持、向上が求められます。そこで、平内町では「平内町国民健康保険収納対策緊急プラン」を策定しております。内容については以下のリンク(PDFファイル)よりご覧ください。

 

平内町国民健康保険収納対策緊急プラン [79KB pdfファイル]