急病でやむをえず保険証を持たずに医者にかかったとき
  • 申請に必要なもの・・・診療内容の明細書、領収書、保険証、印鑑、世帯主名義の通帳、申請する方の身分証明書(注1)、世帯主及び被保険者のマイナンバーがわかるもの(通知カードまたはマイナンバーカード)

 

医師が治療上必要と認めたコルセットなどの補装具代がかかったとき
  • 申請に必要なもの・・・医師の診断書(意見書)、領収書、保険証、印鑑、世帯主名義の通帳、申請する方の身分証明書(注1)、 世帯主及び被保険者のマイナンバーがわかるもの(通知カードまたはマイナンバーカード)

 

はり・きゅう、マッサージなどの施術料がかかったとき(医師の同意が必要)
  • 申請に必要なもの・・・医師の同意書、明細がわかる領収書、保険証、印鑑、世帯主名義の通帳、申請する方の身分証明書(注1)、 世帯主及び被保険者のマイナンバーがわかるもの(通知カードまたはマイナンバーカード)

 

骨折、ねんざで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき
  • 申請に必要なもの・・・明細がわかる領収書、保険証、印かん、世帯主名義の通帳、申請する方の身分証明書(注1)、 世帯主及び被保険者のマイナンバーがわかるもの(通知カードまたはマイナンバーカード) 

 

支給時期
  • 申請を受け付けしてから医療処置が適切であったかどうか審査を行いますので、申請から支給まで約3ヶ月ほどかかります。審査の結果によっては支給されない場合もあります。
  • 医療費などを支払った日の翌日から2年を過ぎると支給されません。
申請書

療養費支給申請書.pdf [111KB pdfファイル] 

 

 (注1)本人確認書類:免許証、パスポート等の公的機関で発行した顔写真がついているもの。なお、顔写真付きの身分証明書が無い場合は健康保険証や年金手帳など公的機関から発行されている2種類以上の本人確認書類が必要です。