高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の費用を一部助成します 

 肺炎は日本人の死因の第4位であり、普通の暮らしで感染する肺炎の第1位が肺炎球菌によるものです。
 町では、高齢者の肺炎の予防や重症化を予防するため、肺炎球菌ワクチンの予防接種費用の助成を行います。
 この予防接種は、任意の予防接種となりますので、ワクチンの効果や副反応について医師と相談し、十分理解のうえ、接種してください。

予防接種の効果

 肺炎球菌には93種類の型があり、肺炎球菌予防ワクチンを接種すると、病気を引き起こしやすい23種類の型に対して免疫をつけることが出来ます。
 

対象者 

 平内町に住所を有する満65歳以上の方で、今まで一度も肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方。

接種費用

 個人負担金は1,500円となります。
 ただし生活保護受給者については無料です。
 

接種方法

 予防接種を希望される方は、事前に健康増進課まで申し込みしてください。住所・氏名・年齢・接種歴等についてお伺いしたうえで、接種に必要な予診票を配布致します。
 予防接種を行うためには、医療機関への予約が必要です。

実施医療機関

 町内の4つの医療機関のみ助成の対象となります。

  ○ 平内中央病院 ○ ひきち内科クリニック ○たざわクリニック ○まさいく整形外科

持ち物
  •  町から配布される予診票(ご記入のうえ、持参してください)
  •  自己負担金 1,500円
注意事項 

 予防接種の実施においては、体調のいい日に行うことが原則です。健康状態が良好でない場合には、医師に相談のうえ接種するか否かを決めてください。
 また、以下の場合には予防接種を受けることができません。

  1. 明らかに発熱(通常37.5℃以上をいいます)がある場合
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな場合
  3. 肺炎球菌予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシー(全身性のアレルギー反応)を起こしたことがある場合
  4. 以前に肺炎球菌ワクチンを接種したことのある方
  5. その他、医師が不適当な状態と判断した場合