平内町では0歳から中学校卒業までの乳幼児・子どもに係る医療費のうち、保険診療による自己負担額の助成を行っています

助成内容

乳幼児及び子どもが医療機関を受診した際にかかる医療費のうち、本人負担金の全額又は一部を助成します。

対象となる方

平内町に住所を有する出生から中学校卒業(3月31日まで)までの乳幼児及び子どもで、かつ、その他の制度(以下の制度)により、医療費給付を受けていない方。

給付対象外となる制度
  • ひとり親家庭等医療費の助成
    (4歳以上の幼児及び子ども)
  • 生活保護 
  • 重度心身障害者医療費の助成方
    (非課税世帯者)
  • 里親制度を受けている方
  • 児童福祉施設入所者
     
助成の範囲

   入院及び通院(医科・歯科・調剤等)に要した保険適用分の医療費の自己負担分

※ 入院時食事療養費については助成の対象とはなりません。
※ 薬の容器代、文書料、検診、予防接種、非紹介患者加算料などは保険適用外の医療費となりますので助成の対象にはなりません。
※ 交通事故等の第三者行為による医療費は、本来加害者が支払うものです。第三者行為による診療を受けた場合は必ずご連絡ください。
※ 高額療養費等で町の助成とは別に給付を受ける場合はその金額を除いた額が対象になりますので、必ずしも医療機関に支払った額が給付されるというわけではありません。詳しくは「助成対象医療費」の項目をご覧ください。

給付を受けるためには

給付を受けるためには、「受給者証」の交付申請を行わなければいけません。
交付申請は次のような時に行う必要があります。

※ 交付された資格証の有効期限は誕生月の末日(1日生まれの方は、前月の末)までになっています。
※ 受給者証の有効期限が切れたら速やかに『更新申請』を行ってください。

助成対象医療費
  • 助成の対象となる医療費は基本的には『保険診療による自己負担分』になります。全国どこの医療機関でかかった医療費でも対象となります。
    ※ 保険診療外の医療費については助成の対象とはなりませんので注意してください。 
  • 給付対象額が『高額療養費に該当する場合』や、『加入保険者から別に給付を受ける場合』は、それらの金額を除いた額が給付対象となります。       
  • 医療費については病院で診療を受けた月の翌月から4カ月以上経過している医療費については給付の対象外となってしまいます。
  • 入院時の『入院時食事療養費』については、給付の対象とはなりません。
出生のときの手続き

お子様が生まれたときは、新たに『平内町乳幼児・子ども医療費受給者証交付申請』を行って、『受給者証』を取得する必要があります。受給者証がないと、医療費の給付を受けることはできません。
申請するときは次の書類等をそろえて、役場健康増進課の窓口に申請してください。

  • 申請に必要な書類等
    • 平内町乳幼児・子ども医療費受給者証交付申請書
      交付申請書.pdf [90KB pdfファイル]  
    • 健康保険証(対象乳幼児の名前が記載されているもの)
    • 保護者名義の預金通帳
    • 印鑑

※ 社会保険に加入している方については、社会保険の保険証が届出後、出来上がるまで数日~数週間かかる場合があります。その場合は申請の手続き後、後日改めて保険証のみの提示を求める場合があります。
 

  • その他必要になる場合がある書類等
    • 所得課税証明書(保護者の方の前年の所得課税証明書)

※ 保護者の方が、最近(同年の1月1日以降)、平内町に転入してきた方の場合は、『所得課税証明書』が必要になる場合があります。1月から6月までの間の申請の場合は前々年の所得課税証明書になります。
 

  • 注意事項
    • 申請終了後、審査を行なった後、資格があると認められた方には『受給者証』と『決定通知書』を送付します。
    • 資格の審査には数日かかる場合がありますので、通知書等が届くのが遅くなる場合があります。
      資格証の有効期限は対象者の誕生月の末日となっています。有効期限が近付きましたら『受給者証の更新』の手続きを行って下さい。
    • 必要書類等がそろっていない場合、審査が行えませんので、できるだけ必要書類をそろえたうえで手続きを行って下さい。
 転入のときの手続き

平内町に転入してきたときは、新たに平内町で『受給者証』の交付を受ける必要があります。手続きについては出生のときの手続きとほぼ同じです。資格がないと、転入後の医療費の給付を受けることはできません。
申請するときは、次の書類等をそろえたうえで、役場健康増進課の窓口に申請してください。

  • 申請に必要な書類等
    • 平内町乳幼児・子ども医療費受給者証交付申請書
      交付申請書.pdf [90KB pdfファイル]  
    • 健康保険証(対象乳幼児の名前の記載されているもの)
    • 保護者の方の前年の所得証明書(1月から6月までの間の申請の場合は前々年の所得証明書)
    • 保護者名義の預金通帳
    • 印鑑
       
  • 注意事項
    • 申請終了後、審査を行い、受給資格があると認められた方には『受給者証』と『決定通知書』をお送りします。
    • 審査には数日かかる場合がありますので、通知書が届くのが遅くなる場合があります。 
    • 資格証の有効期限は、転入された日からお子様の誕生月の末日までになります。有効期限が近付きましたら『受給者証の更新』の手続きを行って下さい。
    • 必要書類等がそろっていない場合、審査が行えず決定等に時間がかかってしまいます。できるだけ必要書類をそろえたうえで手続きを行ってください。
医療費の給付を受けるとき  

   医療費の給付方法は二通りあります。

  1. 現物給付
    「保険証」と「受給者証」を医療機関及び調剤薬局に提示すると、自己負担分(保険適用分)を支払う必要がありません。
     
  2. 償還払い
    医療機関及び調剤薬局で一度支払いをした後に、役場に領収書を持参のうえ申請を行うと、自己負担分(保険適用分)を保護者名義の指定口座にふりこみにて給付します。

※ 受給者証を忘れ医療機関を受診すると、受給資格の有無がわからないため窓口負担を請求される場合があります。
※ 保険者から高額療養費、付加給付金等を受けた場合は、重複して給付を受けることとなりますので、後日その分を町に戻しいれていただくことになります。
※ 県外の医療機関・調剤薬局や県内でも整骨院・接骨院など一部で現物給付を取り扱っていない医療機関などがありますのでその際は償還払いで給付します。

 

  • 償還払いの手続きに必要な書類等
  • 注意事項
    • 手続きを受理した後、審査を行い、給付額を決定します。決定後、おおむね翌月末までに、決定通知書が申請者に送付され、指定の口座に決定額が振り込まれます。
    • 次の領収書については給付することができません。
      1:領収書が『レシート』の場合(『レシート』での医療費の給付はできませんので、別の領収書を発行してもらってください)
      2:『受診者の氏名』『受診日』等が記載されていない領収書の場合(『受診者の氏名』『受診日』が記載されていない場合は、医療を受けた確認ができませんので、給付することはできません)
      3:医療機関の『領収印』がない場合(未払いの医療費については給付の対象とはなりません。)
    • 『高額療養費』に該当する場合や、加入保険者からの『付加給付』がある場合には、それらの金額を差し引いた額が給付額となります。必ずしも医療機関に支払った額の全額が給付されるというわけではありません。
    • 医療費の給付は医療機関に受診した月の翌月から4カ月以内に申請された医療費に限られます。それ以上経過した医療費については給付対象外となります。
受給者証の更新をするとき

受給者証の有効期限は対象者の誕生日の月の末日となっていますので、更新の時期(有効期限前)が近づきましたら忘れずに更新申請をしてください。(ただし誕生日が1日の方に限り、有効期限は前月の末日までとなります。)
更新の手続きを行う場合は、次の必要書類等をそろえて、役場健康増進課の窓口で申請を行ってください。

  • 申請に必要な書類等
    • 平内町乳幼児・子ども医療費受給者証更新申請書
      更新申請書.pdf [90KB pdfファイル] 
    • 受給者証(あらかじめ交付を受けている受給者証)
    • 健康保険証(対象の乳幼児及び子どもの名前が記載されているもの)
    • 印鑑
       
  • 注意事項
    • 申請後、審査を行い、資格を有すると認めた場合は、『決定通知書』とともに『更新後の新たな受給者証』を送付します。 
    • 審査には数日かかる場合もありますので、通知書等が届くのが遅くなる場合もあります。
    • 資格がない場合もその旨の通知書を送付します。
    • 更新手続きが遅れると、給付を受けられない期間ができる場合もありますので有効期限前に行ってください。
    • 必要書類等がそろっていない場合、審査を行うことが出来ず、給付等を受けられない期間が発生する場合もありえます。できるだけ必要書類等をそろえたうえで手続きを行ってください。
 受給者証に変更があったとき

現在交付されている受給者証の記載事項等に変更があったとき(保険証の変更等)は、変更がわかった時点で速やかに受給者証の変更手続きを行う必要があります。(受給者証に変更があった場合は、受給者証を使用せず、償還払いをご利用(一度お支払)ください。)
受給者証の変更手続きを行うときは、次の書類等をそろえて、役場健康増進課の窓口に申請してください。

  • 申請に必要な書類等
    • 平内町乳幼児・子ども医療費受給資格変更届
      変更届.pdf [89KB pdfファイル] 
    • 受給者証(あらかじめ交付を受けている変更前の受給者証)
    • 変更があったことのわかる書類等(保険証の変更の場合は変更後の保険証)
    • 印鑑

手続き終了後、変更のあった新たな受給者証を交付します。

転出等したとき

転出等したときは、それらの異動があった日から、平内町での受給資格が喪失することになります。それらの異動があったときは、速やかに役場健康増進課の窓口で資格消滅の届けをする必要があります。届けをする時は、現在交付されている受給者証を持参のうえ届け出てください。

  • 申請に必要な書類等
  • 注意事項
    • 資格が消滅する日までの医療費は給付の対象になりますので、医療費の給付を受ける場合は速やかに申請をしてください。
    • 前に申請している医療費の指定口座への振込みが残っている場合もありますので、届け出ている指定口座については、1~数ヶ月の間は解約しないでください。
 受給者証を紛失・棄損したとき

   受給者証を紛失したり、破けたりしたときは、再交付の手続きをすることにより新たな受給者証の交付
を受けることができます。

  • 申請に必要な書類等
  • 注意事項
    • 紛失により再交付の手続きをし、後日、紛失をした受給者証が見つかった場合は、必ず、見つかった受給者証を役場健康増進課の窓口に提出して下さい。