町議会のしくみ

議員

町議会議員は、4年に一度の選挙で選ばれます。議員の定数は、町の人口に応じて法律で決められており本町の法定上限は22人ですが、条例で定数を14人と定めています。任期は4年間です。ただし補欠選挙で選出された場合は、前任者の残任期間となります。

議長・副議長

町議会の議長と副議長は議員による選挙で選ばれます。議長は議会の代表者であり、会議の進行や議会の事務を監督処理します。副議長は、議長の不在のときなどに議長の代理を務めます。

議会の運営

本会議

本会議は、議案を審議し、議会の最終的な意思を決める会議です。本会議には、年4回開かれる定例会と、必要に応じて開かれる臨時会があります。定例会は、3月、6月、9月、12月に開かれます。

委員会

委員会には、常任委員会、議会運営委員会、特別委員会があります。

  • 常任委員会
    議案や陳情・請願を専門的に審査するために設置され、「総務福祉」「経済文教」の2委員会が設置されています。議員は、いずれかの常任委員会に所属し活動しています。
    常任委員会名 内容
    総務福祉委員会 町の財政、企画、税務、消防、選挙、環境衛生、保健、福祉、などに関する事項
    経済文教委員会 農林畜産業、農地、道路、住宅、都市計画、水産業、商工業、観光、水道、下水道、学校教育、社会教育、病院などに関する事項

     
  • 議会運営委員会
    円滑な議会運営のため、会期や議会運営に関し必要な協議を行っています。
  • 特別委員会
    議会が必要とした場合に設置されます。また、当初予算を審議する3月定例会には予算特別委員会を、決算を審議する9月定例会には決算特別委員会が設置されます。