町議会の役割

よりよいまちにするために、町長はまちづくり、教育、福祉などの事業のもととなる条例や予算を決めなければなりません。町長から提案されるこれらの条例や予算などを審議し、決定する機関が町議会です。議会は、議案を審議することによって、町民の声を事業に反映させるとともに、事業が適正に進められているか監視しています。町議会には、これら役割を果たすためのいろいろな権限が与えられています。主なものとして次のようなものあります。

1.議決権

町長や議員から提出された議案(条例の制定・改正・廃止、予算、決算、重要な契約の締結など)について、審議し可否を決定することです。

2.選挙権

議長、副議長、選挙管理委員会委員などを選挙することです。

3.同意権

町の重要な人事(副町長・監査委員・教育委員会委員など)について、町長が選任する場合に議会の同意が必要です。

4.調査権

町の事務に関する調査を行うことです。

5.検査及び監査請求権

町の行政を監視する一つの方法で、町の事務が議会の議決どおり執行されているか検査し、監査委員に監査を求めることです。

6.意見書の提出権

町の公益に関する事項について、国や県などの関係機関に意見書を提出することです。

7.請願・陳情を受理し処理する権限

町民などから出される請願・陳情を受理し、審議することです。